[iPhone] iOS 7.0.2 アップデート失敗 → リカバリモードから復元

LINEで送る
Pocket

メチャクチャ冷や汗かきました。
iOS 7.0.0」 から 「iOS 7.0.2」にアップデートしようとしたところ、こんなメッセージが iTunes に表示され、iPhone 4s を見ると・・・、残念な状態に。

 

ことの発端は、「iOS 7.0.0」にのロック画面にセキュリティホールが見つかり、その修正版として、「iOS 7.0.2」がリリースされたという記事を読んだためです。

Apple社からの情報

 

念のため、iTunes でローカルにバックアップをとってからアップデートを行おうとしました。
iTunes を起動し、iPhone 4s を接続して、「バックアップ」を選択して暫くすると、データの同期が始まりました。その途中で事はおきました。

「アップデートを確認できません」というウィンドウが表示され、iPhone を見ると、こんな画面に。

 

えっ!!!!!!!!!!!!!!

iTunes からは何もできず、もちろん iPhone 側でもなにもできません。
バックアップが完了したかもわからない状態です。

とりあえず、iTunes を終了して、再起動しました。
iPhone は認識されたのですが、iTunes には、恐ろしいメッセージが。

お使いの iPhone “iPhone 4s” を工場出荷時の設定ももどしてもよろしいですか?メディアやその他のデータは全て消去されます。

『いいわけないやろ!!』

工場出荷時に初期化って、ほんまに出荷時状態になってしまうんか?
電話番号などの連絡先も戻らへんのか?

もう、心配事だらけです。
しかし、どうすることもできないため、「復元」ボタンをクリックしまし。

iTunes には「工場出荷時の設定にもどしています」と表示されていて、ほぼ諦め状態で進捗を眺めていました。
途中で、最新のOSにアップデートするという表示も出ていて、「いったいどんな状態になってしまうんだろう?」と思って復元が終わるのを待っていました。

約2時間くらいして、iPhone の画面が立ち上がってきました。
恐らく、「iOS 5」の状態だろうと予想していたら、なんと、「iOS 7.0.2」で起動してきました。
さらに、バックアップからの復元が実行され、「iOS 7.0.0」の時の状態まで戻りました。
電話番号などの連絡先もほぼ問題ないようです。
思わず、「はぁ~」っとため息がでました。この時点で既に AM2:00です。

インフラSEを長年やっていると、この恐怖を嫌というほど何度も味わっていますが、何度味わっても経験したくない経験です。
とりあえず、助かった。

ただ、Web上の情報によると、どうやらこの「iOS 7.0.2」もまだ問題があるようですが、とりあえずはこのままにしておこうと思います。

しかし、iOS のアップデート怖すぎです。
たのんますは、Appleさん。