[旅行] ガラス工芸の町、黒壁スクエアにいってきた

LINEで送る
Pocket

フラッと行ってきました。「黒壁スクエア」。
琵琶湖のすぐそばにあるガラス工芸店が立ち並ぶエリアです。

今度はもう少し時間の余裕をもって行きたい。

諸事情あって、朝に出発できず、昼過ぎ位に自宅を出て 「黒壁スクエア」に向かいました。

高速を使って約1時間30分くらい。JR長浜駅のそばにある駐車場に車を止めました。
この時点で16時くらいになっていました。

とりあえず、駐車場横にあった 「黒壁スクエア」の透明アクリル板でできた案内板で場所を確認します。

比較的狭いエリアに密集しているという感じです。
散歩するにはちょうど良いくらいでしょうか。
# 岐阜の方にもこういった感じのエリアありますね、そういえば。

とりあえず、JR長浜駅を背にまっすぐ進んでいきます。
漬物屋さんや近江牛が食べられる焼肉屋さんを通り過ぎ、目についたガラス工芸のお店に入りました。

看板からしておしゃれです。

雑貨店にあるプラスチック玉とは違い、非常に綺麗です。
また、見たことのないような色のアクセサリが沢山ならんでいました。
また、店舗も古民家風で非常に雰囲気があります。

地ビールも販売されてました。

とりあえず、他の店も見たいので、10分ほどの滞在で外にでます。
長浜大手門通りの門が見えます。

 

はちみつが売っていたり、野菜が売っていたりといろいろな店が立ち並びます。

 

散歩していて非常に楽しいです。

そんななか、暫く歩いていると、目を疑うようなものに遭遇しました。

「え、ケンシロウ!?」
なんで、ガラス工芸店の並びに?
ここは、何屋さん?

ああ、そういうことですか。「海洋堂」の博物館(お店)でした。
しかし、なんで「黒壁スクエア」にあるんでしょう。会社は、大阪の門真にあるはずなんですが。

せっかくなんで、入ってみました。

入って正面に恐竜の顔が見えます。

左手を見ると、リボルテックシリーズの阿修羅像が。

奥には、エバンゲリオン・北斗の拳・太陽の塔などのフィギアが展示販売されていました。
また、さらに奥に進むと有料のミュージアムがありました。

こちらも10分ほど滞在して、さらに歩きます。
とにかく雰囲気の良い建物や景色が目に入ります。
非常に気持ちの良い散歩道です。

 

その中に、非常に気になる1件のお店がありました。
これ、本屋さんなんです。

 

かなり偏った商品セレクトのお店でしたが、雰囲気は最高に良かった。
こんなお店やってみたいです。
(でも、お客さんが全くいなかったのが気になりましたが・・・。)

そろそろ何か買い物をしようかということになり、まずは少し冷たいものが欲しくなったので、黒ゴマソフトクリームを購入しました。

甘過ぎず、非常に美味しかったです。

休憩もとったので、買い物しようと道を戻りました。
そこで事件はおきました。

なんと、ほとんどの店が店じまいしていたのです!!
時間はまだ17:00少し回ったところ。
信じられません。

結局何も購入できずに、「黒壁スクエア」を離れました。
残念。

その後、折角なので琵琶湖の周囲を少しドライブしました。

路肩に車を止めて、少し琵琶湖をぼーっと眺めてました。

その後、高速で帰り支度には20:30頃に着きました。
短い旅でしたが、ゆっくり散歩できたのがよかったです。
これからの季節、デートによいのではないでしょうか。

ここで1つ、「黒壁スクエア」での注意点です。
先にも書きましたが、お店が17:00頃には店じまいしてしまいます。(18:30と書いてあるのですが、かなり早く店じまいしてしまいます。)そのため、お昼着を目安に出かけて、2時間くらいの散歩を楽しむというスケジュールで楽しまれた方が良いと思います。

もう1度時間を作って行ってい見たい。