[音楽] 「隣人」というテーマで曲が作れる凄いバンド

LINEで送る
Pocket

突然「RINJIN」が無性に聴きたくなって、YouTubeでPVを見たら、余りのカッコ良さに速攻で購入してしまいました。

LA-PPISCH BEST 1987-1997 あとのまつり
デジタルリマスター版が出ていたので、そちらを購入しました。
今回は2枚組のうち、1枚目を紹介します。

改めて聴いてみて、こんなにかっこいい音を出しているとは思いませんでした。
今出てきた方が一般うけしそう。

特にベースがかっこいい。
記憶の中では、ベースラインは殆ど耳に残っていませんでした。しかし、今回改めて聞いたら、やたらベースが耳に残ります。
ベースを弾くようになったおかげで、少し音が聴こえるようになったのかもしれません。
もしくは、デジタルりマスターの効果でしょうか。


パヤパヤ

ベースのメロディがかっこいい。音も曲のポップさに反して、結構太い音がなっていて、それがまた良い。

OUR LIFE
この曲もベースがかっこいい。グイングイン鳴ってるのが気持ち良い。

RINJIN
予想通りのカッコ良さ。大体、「隣人」をテーマに歌詞を書こうという発想は、普通ないと思う。

Magic Blue Case
こんなにスラップ入りまくりの曲という印象が全くなかったので、びっくりしてます。
メチャクチャカッコいい。

ハーメルン
MAGUMIの声とスローテンポが心地よい。

Anarchy In The U.K. (kumamoto ska)
これは笑ってしまいました。こんな Anarchy ならいいんではないでしょうか。
元ネタは、もちろん「Sex Pistols」の「Anarchy In The U.K.」です。

1枚目のおススメは、「1、3、4、7、11、12、13